ハマゴウ(はまごう・浜栲)盆栽の今と過去の成長記録と育て方・作り方・Vitex rotundifolia bonsai photo

代表的な砂浜の植物。茎は長く、いく本にも枝分かれしながら砂の上や中をはって伸び、根をおろしていきます。伸び広がった茎の先から枝が30?ほど立ち上がり、そこから出る葉は対生し、裏面には灰白色の軟毛が密生しています。花は青紫色で枝先に多数つけます。秋になると直径5~7ミリの球形で、淡黒色をした硬い果実が熟します。株全体に香気があり、茎葉を線香や染料にしたり、果実を薬用にしたそうです。 和名の出所は浜香で、それがハマゴウに転化したといわれています。

 

Blogger twitter facebook google+ youtube yahoo!

樹種詳細

クマツヅラ科
落葉小低木
分布:本州、四国、九州、アジア東南部、南太平洋、オーストラリア
開花時期:7~9月

植え替えのポイント(関東地方の例)

豆盆栽やミニ盆栽など小さな鉢は毎年植え替えるのが基本。少し大きな鉢は2年に1回は植え替えます。
参考用土例:赤玉土7:桐生砂3
植え替え適期:2月下旬~3月中旬
樹種名 登録日 更新日
ハマゴウ A 2004/09/26 2004/09/26

 ハマゴウ(浜栲)盆栽のベストセレクション・Best bonsai

ハマゴウ(はまごう・浜栲)花もの盆栽・Vitex rotundifolia Best bonsai