•  盆栽鉢の産地

    盆栽鉢のほとんどは、中国か日本で作られてきました。

  • 中国製(古い鉢の多くが中国製です。) 古渡り 江戸初期から明治初期明治 宣興、南京、広東、福建 中国での名高い陶磁器の産地
    中渡り 明治20年代から大正期
    新渡 大正末期から昭和20年代
    日本製(明治以降に作られるようになりました。)   常滑   植松陶翠
    九谷 小池香山
    備前  
    瀬戸  
    信楽  
  •  盆栽鉢の製法の違い

    盆栽鉢には、釉薬を使わずに土を焼成した泥もの、施薬して焼成した釉薬ものに分けられます。

  • 泥もの 土の色合いによる呼び分け。中渡り新渡 鳥泥 紅泥 朱泥
    紫泥 桃花泥 白泥
    梨皮泥
    釉薬もの 窯業地や色合いによる呼び分け。 白交趾 青交趾 黄交趾
    均窯 呂均窯 黄均窯
    海鼠 青広東 瑠璃広東
    青磁 白磁 黄南京
    瑠璃南京 染め付け
  •  盆栽鉢の形

    鉢の形の分類は千差万別です。

  • 上から見える形 長方 鉢の深さ桃花泥 浅形
    楕円 中深形
    深形
    正方 下方形
    木瓜
    輪花 縁の形 外縁
    六角 内縁
    八角 切立
    菱形
    三角
    胴の形 太鼓胴 足の形呂均窯 雲足
    袋式 切足
    三味線胴 隅の形 隅入
    撫角